不妊治療

不妊治療

女性ならば誰もが不安を抱えると思うのが妊娠、出産ですけど、その最たる問題の不妊についてチェックしてみました。

不妊症

不妊症 定義 



普通は不妊症というと「妊娠したくてもできない状態」というこのように思っている人は多いでしょう

でもこれだけでは、正しい認識とはいえません
正確には「2年」という期間が入ってきます
つまり、不妊症というのは、「妊娠するための性行為を行っている状態で、2年以上妊娠する事ができていない状態」いうことです。


妊娠のための性行為をしていれば、1年以内に妊娠する確率は80%、2年以内ですと90%になります。

つまり10%のカップルが不妊症ということで、状況を改善させるためには不妊治療が必要ということになります。

  

不妊症の原因


不妊治療を行っている女性は40万人以上いるといわれます。

不妊症の原因は、かなり多岐にわたっていて、それが改善の難しさにもなっています。

不妊症ということになった場合は「原因は女性側にあるのか、男性側にあるのか」ということを確認しておかなくてはいけません。

不妊症は女性だけが原因ではなく、男性側に原因があるケースも多くあるからです。

【男性側】
「精子に関するトラブル」が多いです
精子を作ることができな、あるいは極めて少ない精子しか作られないということです。
「造精障害」「精路通過障害」「副性器障害」などがあります。
その次がインポテンツで疲労やストレス、糖尿病などが
不妊の原因となっています。

【女性側】
妊娠の条件は「精子」「卵巣」「卵管」「子宮」というものが健常ということがあげられます


ですからトラブルの種が多い分、不妊は女性側に原因があることが多いのです

女性側の不妊の原因は「排卵障害」「卵管障害」「子宮障害」などがあり、りストレスや疲れなど、精神的なものから来ていることが少なくないのです。 

  

不妊症 検査

排卵日等を考えた一定の性行為をしていても、一年経っても妊娠できなかった場合は、不妊症を疑うべきでしょう

不妊が気になってきたら、不妊治療の効果を高めるためにもできるだけ早期に病院で検査を受ける事をおすすめします。

検査を受けに行く時は、不妊治療を積極的に行っている病院にカップルで行く事が鉄則ですよ。

  

不妊症のセルフチェック


基本原則として、不妊症は二年間の不妊期間があった場合に承認されます。

でも一年間不妊だった場合は、不妊症を疑い、病院へ行った方がいいでしょう。

その前に、セルフチェックしてみましょう

○女性
・ホルモンバランスチェック
月経不順がないか、生理痛が重くないかといったチェックやBMIの確認など
・おりものチェック
おりものの量や臭い、色に異常がないかの確認
・子宮、卵巣チェック
月経血の出血量など


○男性
・睾丸チェック
・射精チェック
・EDチェック
これらが通常とは違うようでしたら、不妊治療も視野に入れる必要があるでしょう




【検査の内容】

◆問診と診察
不妊の検査病院が決まったら電話で予約を取り、その時間に合わせて病院へ行きましょう

・問診
不妊の症状や状況、環境などを聞いて医師が不妊の疑いがあるかどうかを判断するのです。

このとき基礎体温を測った記録があると診断がスムーズですよ。
普段から自分で基礎体温を測っておくことが大事ですよね


男性にもインポテンツ等の問診があります。
その他、
不妊検査にはセックスレスがあるかどうかとかも聞かれますから、恥ずかしがらずにありのままを答えましょうね

女性は不妊検査の項目も多いので、医師の説明を受けてどのような検査があるのか良く理解しておきましょうね。

  

頸管粘液検査


・排卵時期をチェック検査ですけど、単純に排卵日を知りたいというケースでも利用できます。


・「頸管粘液」というのは、排卵日に近付くと分泌される透明な粘液で、精子の移動をスムーズにしたりとか、精子を受け入れやすくする役割があって、排卵日には自然と分泌されるようになっています。

・頸管粘液は、精子との相性のようなものがあり、相性が悪い時は、不妊の原因になることもあります。

・検査は簡単なのですけど、精度はよくないのですが、ある程度の排卵日の期間を知る上では役立ちますので手始めに行う不妊検査として価値あります。

  

子宮鏡検査と子宮卵管造影


不妊治療を行う上での重大なポイントが子宮の検査です

○子宮鏡検査
・子宮の内部を子宮鏡(子宮ファイバースコープ)という極めて小さい器具を使って撮影します


・子宮内の様子を直接目視出来るのが利点です

・ポリープ等の異常、場合によっては子宮体ガンの発見にもつながります。

・不妊治療以外にも、様々な異常も見つけることができる検査です

○子宮卵管造影
・レントゲン撮影で子宮の内側や卵管などの検査します


・写りやすくするため「造影剤」という医薬品を飲みます。

  

月経血培養検査


女性は性器が何らかの菌に感染しやすいので、それが妊娠を妨げていることがあります

その検査で有名なのが「月経血培養検査」です

月経血培養検査で調べるのは「結核菌」です。

結核菌が生殖器に感染すると不妊の原因になります。
経血の分泌量が多い日に、注射器などを使って経血を採取し、結核菌の有無を調るのです


この不妊検査は菌の培養だけで数十時間かかるので、検査結果がわかるまでには大体1~2ヶ月かかるのが普通です。

  

卵管疎通検査・卵管通気検査


卵管は受精が行われるところであり、また精子、卵子の通り路です
異常が起こりやすい器官なので、不妊治療の検査では、必ず卵管の検査はあります。


卵管疎通検査と呼ばれ主に卵管の通りを確認する検査になります

・子宮卵管造影法
造影剤を使ったレントゲン撮影による検査で卵管の閉塞や癒着、水腫などがないかを調べます。


・卵管通気検査
子宮口から炭酸ガスを子宮、卵管へと送り込み、その圧力がどう変化していくかを見ていく検査で
もし異常があれば、正常な場合の圧力変化とは異なる推移をするので、すぐに問題ないかどうかがわかります。


場合によっては、炭酸ガスではなく色素食塩水や蒸留水を使った「通色素検査」「卵管通水検査」が採択されるケースもあります。

  

◆超音波検査・経膣法


・超音波検査

超音波検査は、その名の通り超音波を使用した不妊検査方法で、エコー検査とも呼ばれています。

超音波を発生させる機械を腹部に当てて、中の様子を調べます。
この超音波検査と併行して「経膣法」という検査を行うケースもあります。


これは、棒状のプロープと呼ばれる器具を膣口に入れ、内側から中の様子を調べる方法です。

超音波断層画面をモニターで確認しながら検査するので、こちらもかなり精度の高い検査ができます。




精子検査



妊娠は、なんといっても男性の精子が正常である事が第一条件です。

病院から専用のケースを受け取り、病院内、もしくは自宅で採取します

採取方法は、基本的には自分でということになります。
自宅で採取は、採取後2時間以内に病院に行くようです
主に調べるのは「量」です。


採取した精液が少なすぎると、何かしらの異常があるという診断が下されるようです。

それから「比重」や「精子の数」もチェックします
1ml中にいる精子の数は、4,000万以上であれば正常と言われています。
以下の場合は「精子減少症」の可能性があり不妊治療が必要となります。


さらに、「酸性度」「運動率」「奇形率」もチェックします。
通常、精子は弱アルカリ性なので酸性が高い場合は異常があるとみなされます。


  

睾丸生体検査・精路造影法検査


男性の不妊治療は、精子検査から行います。
無精子症や乏精子症と診断された場合は「睾丸生体検査」や「精路造影法検査」という検査が行われます。




・睾丸生体検査
精子を生み出す睾丸を調べるための検査で、睾丸の細胞組織を採取して調査します。


採取方法は、「切除法」「用針法」「パンチ法」等があります。
この中で、最も精度の高い方法は切除法で、皮膚を切開して細胞組織を摘出しますが、簡単なことです。


この組織を調べる事で、正確な精子生成の状況を調べる事ができます。
無精子症や乏精子症はもちろん、精子が生成される段階で何らかの問題が生じている可能性も、かなり正確に把握できます。


・精路造影法検査
睾丸の造精能力が確認された場合は、他の異常を調べるために精路造影法検査を行います。
つまり、レントゲン検査です
陰嚢の一部を切開してそこから造影剤を注入し、その造影剤が精路を通過する様子をモニターで確認します。


  

不妊治療

一般不妊治療


重大な問題がないケースで適用される不妊治療方法で
「人工授精」や「タイミング法」等が挙げられます。


原則としてまず、不妊症であるかどうか、不妊症ならばその原因が何であるのかという事が告げられます。

その後、不妊治療方法に関しての説明が行われますが、具体的な理由がはっきりしている場合は、その原因を取り除くという、わかりやすい治療となります。

タイミング療法という治療法は、簡単にいえば「妊娠しやすい最高のタイミングで子作りを行う」という、ある意味最もわかりやすい方法です。

そうではない場合は
まず生活習慣を改善していく、というアプローチになります。
これもある種、「一般不妊治療」のひとつと考えて良いでしょう。
薬や手術といった治療だけが治療ではない、という事です。


◆高度生殖医療
これは、治療というより、自然な形での受精が困難な状況なために
特殊なアプローチで妊娠させるという、ある意味力業ともいえる方法です
「体外受精」や「顕微鏡授精」があります

不妊治療 費用

不妊治療 金額


不妊治療の中には健康保険が適用されない治療もあり、その場合は100%自己負担という事になります。

一概に「不妊治療にかかる金額はこれくらい」という金額は示せないというのが実状です。
また、同じ治療法でも保険が適用されない自由診療の場合は、病院によって
不妊治療費が違ってきます。

あえて目安となる費用を提示してみますと
頚管粘液検査は、1回300円程度
超音波検査は1,500円
子宮鏡検査は3,000円
子宮卵管造影は5,000円
LH-RHテストは10,000円が、おおよその目安です。


排卵誘発剤は、内服の場合は1ヶ月分で500円、注射の場合は一回1,500円が相場のようです。

不妊治療は、人工授精で1回20,000~30,000円が相場でしょう
ただし、精子を凍結させる場合は凍結、解凍の費用がかかるため、40,000~50,000円となります。


体外受精の場合は、200,000円程度でできるケースもあれば、1,000,000円かかるケースもありえます

病院によって差が大きいです。
さらに顕微鏡受精は高額となります。


不妊治療助成金


不妊治療における助成金を利用できるケースがあります。
不妊治療を行う場合、体外受精、顕微鏡受精は「特定不妊治療助成制度」の対象となります。
この助成金は各都道府県の地方自治体によってそれぞれ内容が違うので、問い合わせをしたり、各地方自治体のホームページ等で確認をしましょう


体外受精等の助成金は、原則として夫婦所得が650万円以下の夫婦に対し、年間で最大10万円の助成が行われています。

  

不妊治療 トップへ戻る